クレイジー・フォー・ユー: 電子書籍『BOTH SIDES NOW』VOL.2~Vol.3、驚きのエピソード集

2013年夏に発売され、往年の洋楽ファンに大好評だった電子書籍『BOTH SIDES NOW~あの全米大ヒット曲、その光と影を巡る物語~』のVOL.2とVOL.3が相次いで発売された。

同シリーズは1970年代から1990年代の洋楽ヒットにまつわるエピソード集だ。著者はCBSソニー(現ソニー・ミュージック)の洋楽ディレクターとしてELOやナイト・レンジャー、エイジア、オジー・オズボーン等を日本でヒットさせ、その後、ラジオ番組の制作や雑誌への執筆等で洋楽を紹介してきた村上太一氏(2008年10月没)である。常に現場で洋楽アーティストやヒット曲を見てきた村上氏だからこそ書けた、洋楽ヒットのエピソードは当時のことを知らない人が読んでもリアルで非常に面白いと評判だ。

そんな「BOTH SIDES NOW」のVOL.2を紹介しよう。取りあげられているヒット曲は以下の通り。

1.KISS「DEUCE」(74年)
2.イーグルス「ホテル・カリフォルニア」(77年)
3.アニタ・ワード「リング・マイ・ベル」(79年)
4.オリヴィア・ニュートン・ジョン&ELO「ザナドゥ」(80年)
5.ポール・マッカートニー&スティービー・ワンダー「エボニー・アンド・アイボリー」(82年)
6.ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ「アイ・ラブ・ロックンロール」(82年)
7.Go-Go's「バケーション」(82年)
8.ナイト・レンジャー「ドント・テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー」(82年)
9.エイジア「ドント・クライ」(83年)
10.クール&ザ・ギャング「チェリッシュ」(85年)
11.スターシップ「シスコはロックシティ」(85年)
12.マドンナ「クレイジー・フォー・ユー」(85年)
13.ベリンダ・カーライル「ヘブン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」(87年)
14.U2「終わりなき旅」(87年)
15.ホワイトスネイク「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」(87年)
16.ジョージ・ハリスン「セット・オン・ユー」(87年)
17.フリートウッド・マック「ビッグ・ラヴ」(87年)
18.スティング「フラジャイル」(87年)
19.ボーイ・ミーツ・ガール「スター・トゥー・フォール」(88年)
20.フィル・コリンズ「グルービー・カインド・オブ・ラブ」(88年)

リストを見ると70年代から80年代のヒット曲ばかり。どんなエピソードが掲載されているのか、少しだけ紹介しよう。

1.KISS「DEUCE」(74年)*一部抜粋

1974年から1975年にかけてのフットボール・シーズンに突入したキャディラック高校フットボール部は当初、さっぱり勝てなかった。アシスタント・コーチは「力はある。こんなはずではない。何かきっかけをつかめば必ず勝てる」と、連敗脱出の糸口を毎日探していた。そんなとき、町の小さなクラブでハードロックのコンサートが行われ、このコーチはウサ晴らしとばかりにそのコンサートに出かけて大いに盛り上がったのだが、そのコンサートの主がデビュー間もないKISSだった。

(中略)そこでこのコーチ、ハッとひらめいて、それ以降、部室や練習場でKISSの曲を大音量で流し、選手たちを鼓舞したところ、練習での気合いが上がってきたので試合直前のロッカールームでもKISSを聴いて出陣するという演出を毎日繰り返した。すると、なんとチームは7連勝。その後も勝ち星を重ね、このシーズンを優勝という最高の結果で締めくくった。

この結果を喜んだアシスタント・コーチは、KISSに宛てて礼状を書いた。(中略)この手紙に感動し、ジーン・シモンズ(B)とポール・スタンレー(Vo、G)は何かこの高校をもっと喜ばせるような企画はないだろうかと考え、その高校の講堂でフリー・コンサートを開きたいと申し出た。これには高校側も大喜びで、即座に開催を決定した。

(中略)フットボールやアイスホッケーなど、ある程度格闘の要素を持つスポーツでは相手をビビらせる必要から自身を“こわいもの”に見立てることがよくあるが、キャディラック高校フットボール部は、チームを“DEUCE=悪魔・災難”に見立てて相手チームを飲み込み、快進撃を続けることになったというわけだ。

2.イーグルス「ホテル・カリフォルニア」(77年)*一部抜粋

この「ホテル・カリフォルニア」とジョー・ウォルシュにまつわる面白いエピソードがある。この曲の有名なイントロで聴かれるアコースティック・ギターの響き、これはジョーが弾くタカミネ・ギターなのだが、ジョーはこのギターを借金のカタにキース・オルセンに取られてしまったというのだ。

ジョーが、キースのプロデュースのもと、キースのスタジオに詰めているとき(1985年発表のソロ・アルバム『コンフェッサー』制作時)、その“事件”は起こった。スタジオに備え付けてあったワインセラーからキース自慢のワインの名品をジョーが30日間で110本も飲んでしまった。これを知ったキースは激怒。代金の支払いを求めたところ、ジョーには手持ちのお金がなかったので、例のタカミネ・ギターを出したのだった。その後、そのギターはキースからスコーピオンズに渡り、名曲「ウィンズ・オブ・チェンジ」で使われている。

ほかにもポール・マッカートニー「エボニー・アンド・アイボリー」は地球温暖化の象徴!?/美味しい思いをしたマドンナ「クレイジー・フォー・ユー」/フリートウッド・マック「ビッグ・ラヴ」がもたらしたバンド内恋愛ゲームとは!?など20遍のエピソードは読み応え充分だ。また、各レコード会社のサイトや全曲iTunesにもリンクが張られ、ページから飛んでアルバムや楽曲をすぐに購入できるようにもなっているのも、電子書籍らしい特性のひとつだ。

『BOTH SIDES NOW~あの全米大ヒット曲、その光と影を巡る物語~』は、現在電子書店のBOOKLIVEやREADER STORE、ブックパスで発売されている。読むためにはまず、自分のパソコンやタブレット、スマートフォンなどにそれぞれの専用アプリをインストールすればいい。アプリは各電子書店のサイトにアクセスすると無料で入手できる。また、出版元であるUP BOOKS & MAGAZINESのサイトから各電子書店にも飛べる。お目当ての本にすぐたどり着くのでお勧めだ。

『BOTH SIDES NOW~あの全米大ヒット曲、その光と影を巡る物語~』VOL.2
著者:村上太一
発行所:UP BOOKS & MAGAZINES
定価:500円
取り扱い電子書店:BOOKLIVE READER STORE ブックパス
 

『BOTH SIDES NOW』シリーズのVol.3

1.エアロスミス「ラヴ・イン・アン・エレベーター」(1989年)
2.ロクセット「THELOOK」(1989年)
3.マドンナ「ライク・ア・プレイヤー」(1989年)
4.ベット・ミドラー「愛は翼にのって」(1989年)
5.プリンス「バットダンス」(1989年)
6.ポール・マッカートニー「ディス・ワン」(1989年)
7.フィル・コリンズ「アナザー・デイ・イン・パラダイス」(1989年)
8.ドン・ヘンリー「エンド・オブ・ジ・イノセンス」(1989年)
9.ジョン・ボン・ジョヴィ「ブレイズ・オブ・グローリー」(1990年)
10.ハート「愛していたい」(1990年)
11.オリータ・アダムス「ゲット・ヒアー」(1990年)
12.ジェーン・チャイルド「ドント・ウォナ・フォール・イン・ラヴ」(1990年)
13.ウィルソン・フィリップス「ホールド・オン」(1990年)
14.ダム・ヤンキーズ「ハイ・イナフ」(1990年)
15.グレン・メデイロス「シー・エイント・ワース・イット」(1990年)
16.シニード・オコナー「愛の哀しみ」(1990年)
17.ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュース「カップル・デイズ・オフ」(1991年)
18.ポーラ・アブドゥル「あふれる想い」(1991年)
19.ブライアン・アダムス「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」(1991年)
20.エリック・クラプトン「ティアーズ・イン・ヘヴン」(1992年)

ここでは、気になるエピソードを一部、抜粋して紹介しよう。

1.エアロスミス「ラヴ・イン・アン・エレベーター」(1989年)

1987年の復活第2弾アルバム『パーマネント・ヴァケーション』の大ヒットを受け、多大な期待を背負って発表されたアルバムが1989年の『パンプ』だった。その第1弾シングルとして当然のように大ヒットを“義務づけられていた”のが、この「ラヴ・イン・アン・エレベーター」だ。

(中略)そのヒットに寄与したもののひとつが、エレベーターの中でのラヴ・アフェアを映像化したPVである。このPV、サンタモニカのホテルに実際にあるガラス張りのエレベーターを使用し、美女500人のエキストラが下から見守るなか、スティーヴンの乗ったエレベーターが降りてくるという想定だったのだが、あまりにも野次馬が多かったためにロケは中止になってしまった。おかげでエレベーターの中で美女と絡むシーンが多くなり、ロマンチックでエロチックなクリップが出来上がったというわけだ。スティーヴンいわく「イチかバチかのスリルを味わってるときのセックスが最高さ。タイトルがハッキリしてれば、ビジュアルもはっきりしてくるもんさ」

2.ロクセット「THE LOOK」(1989年)

世界にスウェーデン・サウンドを広めるための扉を開けたのが、今回取り上げるロクセット。アバが世に出るきっかけはユーロヴィジョン・ソング・コンテストだが、ロクセットの場合はアメリカのラジオ。そう、正真正銘、ラジオが生んだヒット・アーティストなのだ。そして「THE LOOK」は、そのワールド・デビュー曲とも言える記念の1曲なのである。

ロクセットがアメリカでヒットした経緯についてはちょっとした伝説がある。細かいところに関しては諸説あるが、各地の伝聞をまとめた形で紹介すれば、そのストーリーはこうだ。

1989年の冬、デトロイトに住むある若者がスウェーデンを旅行する。その時、当地では10週連続チャートのNo.1などという、とんでもないヒット曲が存在していた。彼は旅行中のあちこちでこの曲を耳にして帰国。ところが、帰国後もこの曲が耳について離れない。そこでスウェーデン在住の友人に手紙を書いてそのヒット曲、ロクセットのカセット・テープを送ってもらった。何度聴いてもいい曲だ。若者は、地元の放送局にこのカセットのコピーを手紙付きで送った。「遠いスカンジナビアにこんないい曲がある。こういう曲を放送したらどうだ」というもの。デトロイトのFM局のDJは、早速このカセットをオンエア。若者の手紙も紹介した。すると、リスナーからのリクエストが殺到し、あっという間にヘヴィ・ローテーションになった。これに目をつけたEMIアメリカは即座にこの曲入りのアルバムをリリース。同時に全米規模で宣伝態勢をしいた。こうして「THE LOOK」はあれよあれよという間にヒットしていき、1989年4月8日、全米シングル・チャートのNo.1を飾ったのだった。

3.マドンナ「ライク・ア・プレイヤー」(1989年)

マドンナと言えば“お騒がせアーティスト”というイメージがあるが、本当の意味で“お騒がせアーティスト”と言われ始めたのも、この『ライク・ア・プレイヤー』あたりだったと言える。この頃、マドンナはインタビューのなかで「私は人を驚かせるのが好き」と語っているが、この『ライク・ア・プレイヤー』にも人を驚かせるアイデアを盛り込んでいた。なんと、ジャケットに匂いをつけたのだった。日本人には親しみのある墨の匂いが、欧米の人々には“東洋的、魔術的”な匂いと感じるらしく、エキゾチックな雰囲気作りとして取り入れたわけだが、これは見事に功を奏したと言えるだろう。(中略)

1989年の『ライク・ア・プレイヤー』当時、マドンナの周辺ではもうひとつのスキャンダルが乱れ飛んでいた。それは撮影に入っていた映画「ディック・トレイシー」の主演男優、ウォーレン・ベイティとの噂だが、マドンナは彼にモーションをかけまくり、めでたく(?)ハリウッドのうわさ話に発展させ、面目を躍如した。まぁ、マドンナの“男誘い発言”は初めてのことではなく、その後もサッカーのチリ代表フォワード、サラスに対し“彼を見ているとセックスのことしか考えられない”と強烈なモーションを送っている(当のサラスもサラスで、「ハダカを見たら、もっとオレのトリコになるゼ!」なんて応じているから、どっちもどっち)。結局は、ウォーレン・ベイティがマドンナに利用されたカタチで、『ライク・ア・プレイヤー』のヒットと、「ディック・トレイシー」の前宣伝に使われたというのが真相だ。

ほかにもポール・マッカートニーの“アメリカでは売れない説”の真相!?/女泣かせのプリンスがほんとに泣かせたあの美人シンガー!?/クラプトン、亡き息子への想い…など20遍のエピソードが掲載されている。
 


※UP BOOKS & MAGAZINESとは?
UP BOOK & MAGAZINESは主に電子書籍を編集・制作・販売する出版社です。UP(ユーピー)は社名のUNITED PROJECTSの頭文字を取ってUPとしました。UP BOOKS & MAGAZINESは読者のみなさまに「しあわせ」を届ける出版社でありたいと思っています。「この本、いいね!」「写真がきれい!」「なるほど!」「これは勉強になった!」…心が動いたときに出る言葉、それはすべて「しあわせ」につながっています。“読者の心を動かすこと”、それこそが私たちの目指すところです。UP BOOKS & MAGAZINESは作家、写真家、デザイナー、クリエイター、編集者、そして出版社がみんな「しあわせ」な関係になれるようにしたいと思っています。

立ち読みは各電子書店でできます。

BookLiveで購入Reader Storeで購入ブックパスで購入

 

English Version

Madonna's 'Crazy For You' included on E-Book BOTH SIDES NOW VOL.2

 

コメント:

No comments found.

New comment




 

Powered by Webnode